NICTサイエンスクラウド

サイエンスクラウドの専用ページはこちら


NICTサイエンスクラウドは、クラウドコンピューティングによる新しい研究環境の提供をめざしています。高速ネットワークにより各研究組織(大学などの研究機関)を結び、様々な計算機リソースを使って研究を進めることができます。

NICTサイエンスクラウドは、研究者などの以下のような要望に応えるクラウドシステムです。

  • 観測データやシミュレーションデータを利用して研究したい。
  • スパコンから出力される多量の計算結果をシームレスに処理したい。
  • スパコンデータと観測データを融合した研究を行いたい。

NICTサイエンスクラウドに接続する方法は、2つあります。

(1)
インターネットを経由して、SSHで接続する。(L3ネットワーク接続が可能です。)
インターネット上のどこからでもNICTサイエンスクラウドを利用することができます。
(2)
NICTのJGN-Xを経由して直接接続する。(L2ネットワーク接続が可能です。)
NICTサイエンスクラウドを「自分の研究室のネットワークのように」利用できます。

NICTサイエンスクラウドは、「1つのネットワーク(LAN)を国内外の研究者が共有するコンピュータ環境」を利用した“互いに顔の見えるバーチャル研究室”をめざしています。したがって、利用者情報(氏名・連絡先など)はNICTサイエンスクラウド内部において互いに公開されます。