WDS・オープンサイエンス推進研究プロジェクト

戻る世界科学データシステム(WDS)事業

WDSとは?

●科学データの保存・活用のための国際事業です(2008年設立)。

●科学界の国連と言われる国際科学会議(ICSU)*が実施します。

*世界最大規模の国際科学連合機関(1931年設立、本部は仏パリ。)


WDSが目指すもの

○旧来の科学データ保存の制度WDC等(※)設置当時(1950年代)は紙やフィルムを使用したデータ交換を実施。近年発達してきたインターネット、ICT技術への対応が求められるようになってきました。※1957~2006年まではWDC(World Data Center)枠組。

○各国の機関が個別にデータを管理しているため横断的活用が困難でした。

「WDS」は

  • 分野横断的・分散協調的に
  • 最新のIT技術を活用して
  • 長期的な科学データの保存・利活用

を国際的に確立することを目指します。

WDS加盟機関の例


国際プログラムオフィス(IPO)とは?

●WDS国際プログラムオフィス(WDS-IPO)は、WDSの国際体制構築やデータ相互利用体制、グローバルな利活用等の実現に向けて活動する組織。

●2012年5月9日に公式開所式を執り行いました(NICTサイトICSUサイト日本学術会議サイト)

●NICTがホストをしています。


国際プログラムオフィスエグゼクティブディレクター(ED)
Mustapha Mokrane博士

WDS国際科学委員会 (第3期:2015-2018)

http://www.icsu-wds.org/organization/scientific-committee


対外的な活動

●NICTは国際科学会議(ICSU)との協力文書を平成23年(2011年)7月に締結し、国際科学会議の下で進められている国際学術事業である世界科学データシステム(WDS)に協力し、科学データの取扱に関する高度化を促進しています。
また、上記協力文書に基づき、世界科学データシステムの国際プログラムオフィス(WDS-IPO)を設けています。

●国際プログラムオフィスの活動に関して、国内関係機関との連携を促進するために「世界科学データシステム国内推進会議」が平成23年(2011年)11月に設立されています。

●世界科学データシステムの理念に興味を有する国内の関係研究機関・研究者が参集し「WDS国内シンポジウム」を開催しています(第1~3回第4回)。当室は左記シンポジウムの開催に 積極的に協力し、国内関係研究機関・研究者間の情報交流を促進しています。

○我が国では、日本学術会議が国際科学会議(ICSU)への窓口となっています。
日本学術会議には平成24年(2012年)3月から「WDS小委員会」等の委員会が設立され、世界科学データシステムの活動への対応等が検討されています。


WDS推進に関する活動

WDS関連情報 WDS国内推進会議 WDS国内シンポジウム(第1~3回) WDS国内シンポジウム(第4回) WDS関連国際研究集会 データシステム関連研究会 WDS小委員会