WDS国内シンポジウム(第1回)


日 時:平成23年2月1日(火)11:00〜17:30
場 所:情報通信研究機構小金井本部本館4階国際会議
趣 旨:
 ICSUではWorld Data Center(WDC)などのデータ関連組織を改組して、より広範囲な研究分野のデータベースの管理と流通を目指すWorld Data System (WDS) を発足させ、今年度より参加データセンターの公募等の本格的な活動が開始されます。
 またWDSの活動の中核となるWDS International Program Office (WDS-IPO) が、2011年度より情報通信研究機構(NICT)に設置が設置されることが決定し、2011年9月3-6日には、WDSと研究者との協力態勢を議論するThe 1st ICSU World Data System Conference ? Global Data for Global Scienceが京都市において開催される予定です。
 そこでこの研究集会では、今後の我が国におけるデータ活動とWDSとの関わりや、WDSが提供するデータによる新しい研究分野の創出について議論を深めることを目的として、下記のプログラムように「WDS国内シンポジウム(第一回)」を開催いたします(平成22年度名古屋大学太陽地球環境研究所・研究集会)。
 またこの研究集会では、日本学術会議・地球惑星科学委員会のWDC小委員会を、集会参加者全員にオープンの形で開催し、WDS加盟調査への対応や、日本学術会議における我が国のデータ関連活動の分野横断的な連携を図るシステムなどについて情報交換と議論を行います。

プログラム:(発表者*

11:00-11:10  WDS国内シンポジウムの趣旨説明
        渡邉 堯(名古屋大STE研)

11:10-11:30  WDSの概要
        渡邉 堯(WDS Scientific Committee 委員、名古屋大STE研)
			 
11:30-12:00  WDS-IPOについて
        村山泰啓(情報通信研究機構)
			 
12:00-12:30  NICTサイエンスクラウドとWDS-IPO (仮題)
        村田健史(情報通信研究機構)
			 
12:30-13:30  昼食

13:30-13:50  CODATAの概要
        岩田修一(東京大大学院環境学研究系)
			 
13:50-15:00  日本学術会議地球惑星科学委員会WDC小委員会(オープン)
        司会:渡辺 堯(WDC小委員会委員長、名古屋大STE研)
        議題:WDS−SCの活動報告、WDS加盟調査への対応、学術会議におけるICSUのデータ関連組織への対応など
			 
15:00-15:10  休憩

15:10-15:30  WDC for Geomagnetism, Kyotoの活動および1st ICSU/WDS Conferenceの準備状況  
        家森俊彦*、藤浩明、竹田雅彦、能勢正仁、小田木洋子、小山幸伸、吉田大紀(京都大学地磁気WDC)
			 
15:30-15:50  国際極年におけるデータマネージメント
        金尾政紀(国立極地研究所)
			 
15:50-16:10  北半球寒冷圏データベース
        矢吹裕伯*、川本温子、大畑哲夫(海洋研究開発機構)
			 
16:10-16:30  IUGONETプロジェクトについて
        林 寛生*(京都大学生存圏研)、小山幸伸(京都大地磁気WDC)、堀 智昭(名古屋大STE研)
        田中良昌(国立極地研)、鍵谷将人(東北大理学研究科)、新堀淳樹 (国立極地研)
        河野貴久(名古屋大STE研)、吉田大紀 (京都大地磁気WDC)、阿部修司 (九州大宙空環境研究センター)
        上野 悟 (京都大理付属天文台)、金田直樹 (京都大理付属天文台)
			 
16:30-16:50  名古屋大学太陽地球環境研究所におけるデータ活動
        荻野瀧樹(名古屋大STE研)
			 
16:50-17:10  1st ICSU WDS Conferenceについて
        渡邉 堯(名古屋大STE研)
			 
17:10-17:30  まとめ