WDS・オープンサイエンス推進研究プロジェクト

戻る世界科学データシステム(WDS)事業 WDS関連情報

世界科学データシステム(WDS: World Data System)について

  • 世界科学データシステム(WDS: World Data System)は、科学界の国連と呼ばれる国際科学会議(ICSU: International Council for Science)が実施している、科学データ(ベース)に関する国際的取組の高度化を目指すプログラムの事です。
  • 本プログラムは平成20年(2008年)10月に国際科学会議の総会において設置が決定されました。

世界科学データシステムの理念と目標

  • 世界科学データシステムの理念と目標には、以下のものが掲げられています。
    • 「品質管理された」データの「原則無償」での提供
      • 研究に利用可能なクオリティ(精度や信頼性)の確保
    • 長期的展望に立ったデータ管理体制の確保
      • 人類資産としての貴重な科学データの長期保存
    • 分散的な管理態勢の下での、共通性・相互運用性の向上
      • 各国・各研究機関の取組をベースにした、分散型システムが基本。ただし共通性や相互運用性は追求
    • 多分野横断型研究への対応
      • より多分野に渡る横断型の研究へのニーズを反映
    • 世界の特定地域に偏らないデータ活動
      • 発展途上国等も含め、データの偏在を解消

 これらの理念を具体化する各国・関係研究機関の連携態勢の構築を目指すものです。

  • NICTと国際科学会議(ICSU)は、本プログラムの実施主体となる国際プログラムオフィス(IPO: International Programme Office)に関する協力文書を、平成23年(2011年)7月に締結いたしました。現在、国際プログラムオフィスはNICT内に設けられ、また同オフィスに着任したExecutive DirectorであるDr. Mustapha MOKRANEが平成24年(2012年)3月から活動を開始しています。