オープンサイエンス推進研究プロジェクト

戻るWDS・オープンサイエンス、データ共有の国際動向

オープンサイエンスの世界的動向

2013年G8科学技術大臣会合(英)における研究データオープン化合意に基づいて各国で方策が検討・推進されています。

2016年G7科学技術大臣会合(つくば)でオープンサイエンス部会の設置が決議されました。

写真提供:内閣府, 茨城県, つくば市

写真提供:内閣府, 茨城県, つくば市

●「オープン化」においては、競争力を損なわない適切なデータ共有が重要です。

●Open Government Dataと異なり、科学技術データでは、科学技術の発展に適した適切なポリシーが必要となります。


我が国の検討状況

●2013年G8科学技術大臣会合合意を受けて、内閣府で「我が国におけるオープンサイエンス推進のあり方について~サイエンスの新たな飛躍の時代の幕開け~」(2015年3月30日)の取りまとめに協力しました。また、WDSから国際動向情報を反映させています。

科学技術振興機構国立国会図書館文部科学省日本学術会議などでオープンサイエンスやデータ共有について検討が行われています。


国際組織における検討例

●分散協調型のグローバルなデータシステム連携をすすめるためには、「Interoperability(相互運用性)」が重要となると考えられます。

●同フォーマット大量データのビッグデータに加えて、異種多種類データ(ロングテールデータ)を加えたグローバルビッグデータの世界へ。
 ➡「オープンデータ」より「データ共有」等と呼ぶ例も増えています。

●デファクト標準、ワークフロー検討、ベストプラクティス実現等を目指す国際活動が活発化しています。

RDA (Research Data Alliance;研究データ同盟)

  • 研究データ共有・技術・実践等を目指す(2013年~)
  • G7科学技術大臣会合でも推進を重視している。組織形態はIETF*を土台にしている

*:Internet Engineering Task Force

OECD (経済協力開発機構)

  • 科学技術、ビッグデータ政策を国際的に提言
  • オープンサイエンス調査研究をWDSと共同実施。

国際共通基盤構築の模索

事例:欧州連合(EU) 欧州オープンサイエンス・クラウド施策

  • 欧州デジタル単一経済戦略・クラウドイニシアチブの中に位置づけ(20億€投資見込み)
  • EU上級専門部会にて方針検討(2015-2016年)。NICTも参加。
  • 「データ基盤」は通信・計算基盤からデータ管理、組織/データガバナンスまでを含むべき。


科学技術データ基盤・利活用の将来像

データ共有、相互利用で豊かな社会を

  • ビッグデータからロングテールデータまで、異質で多様なデータ群をリアルタイムに利活用
  • データの「質」の向上(形式、附属情報、ライセンス等)を組織的に
  • 識別子やメタデータを使って、全インターネット空間中のデータを相互利用
    ➡「Internet of Data」の世界
  • 世界全体で、必要な時には相互利用可能なデータ基盤システムを構成可能に
    (⇔電話、インターネット基盤)